toggle
2019-05-17

繊維マイスター | マーク・ロゴタイプ

SM_VI_MB_Web

令和元年5月15日、高い技能基準を満たす産地の技能者を顕彰する「繊維マイスター」の認定式がありました。弊所ではこちら制度の、デザインやブランドのコンサルティングから各種ディレクション、デザイン制作まで担当しております。

マークについて、上部三本の横線は「SEN-I」の「S」、下部三本の縦線は「MEISTER」の「M」、組み合わせることで漢字の「糸」を表現しています。それぞれの造形に「繊維」「支える人」(マイスター)「川」「三備」など、繊維マイスターに関連する意味を込めています。

実はこちら、3月に投稿した下記の記事にあるデザイン成果物のひとつです。

制度の設計段階から
https://hidetosato.com/archives/3135

今回や岡山大学病院のロゴなど、デザイナーとして監修や制度設計など、はじまりからご縁をいただける事例も増えてきました。これら様々なプロジェクトを通して、デザイナーが文化・経済・社会にできることも多いと実感してきました。その中で、弊所の特性にある「言語化」「可視化」が強みとして、一助になればとも考えています。

とにかく誠実に「ヒト・モノ・コトを、ポジティブに結ぶ。」ことを目指して、人・地域・都市・未来・現在・過去などに、デザインで貢献をしていきたいです。

関連記事